営業のお電話には一切応対しません。

毎日ストレッチするのは,実はダメなんです。

毎日,欠かさずストレッチしてる方がいますが・・・

毎日,お風呂上がりに30分間必ずストレッチをするようになってから,肩こりや腰痛が楽になったんです。

こう仰る方がいらっしゃいますが,水を差す様で申し訳ありませんが,実はこれはあまり良くないことなんです。

え!?なんで~??

楽になってるから良いことじゃないんですか?

楽になってることは良いことだと思います。

でも,毎日続けてることが良くないんです。

え!?どういうことですか??

なぜ毎日続けることが良くないんですか?

その理由を今からわかりやすく説明しますね。

毎日ストレッチをするのがダメな理由とは?

毎日お風呂上がりや寝る前などにストレッチを欠かさず行ってる方も多いと思います。

中には市販の高価な健康器具を購入されてストレッチに励んでる方も多いのではないでしょうか?

しかし,上記の会話のように

肩こりや腰痛を解消するためのストレッチを毎日行うのは良くないんです。

もう少し正確に言うと

肩こりや腰痛を解消するために毎日ストレッチをするようではダメなんです。

毎日ストレッチをすることで,肩こりや腰痛を解消してる,または良い状態を維持しているので問題ないのでは?

・・・と思われる方も多いのですが,

見方を変えると

「毎日ストレッチをしないと解消できない」

という状態なんです。

これは決して良い状態とは言えないですよね・・・。

例えば,うっかりストレッチをやらずに寝てしまった時ってあります?

あったなら,その時はどうでした?

疲れてお風呂上がりにそのまま寝てしまったことが何度かあります。

次の日は辛かったですね。

そのため,今では欠かさず毎日行うようにしています。

【注意!】全てのストレッチを否定はしていません。

身体の柔軟性を高めるためのストレッチや身体の機能回復などを目的としたストレッチは,今回の話とは違いますのでご注意ください。

ストレッチを続けることで症状が悪化することも!?

実はこうしたストレッチの多くは一時的な緩和であることが多く,そのためストレッチを行った後,しばらくは楽になってもすぐに元の状態に戻ってしまうために,結果的に毎日行わなければいけなくなるんです。

しかもそれだけではなく,毎日ストレッチをして,それでコリや痛みが解消できているうちはいいのですが,前述したようにコリや痛みの根本的な原因は改善をするのではなく,一時的な緩和でしかないため,

自分では気づかないうちに徐々に悪化していることがあるのです。

症状が悪化してる具体例として

  • 毎日行っていたストレッチが徐々に効果がなくなってきたような気がする。
  • ストレッチを行う時間がいつの間にか長くなってる。
  • 行うストレッチの種類が増えている。

これらに心当たりがある場合は悪化してる可能性が高いです。

どうです?

上記の項目に心当たりありませんか?

そういえば,ストレッチを初めた頃は10分くらいしかしてなかったのに

いつの間にか30分もやるようになってます・・・。

ストレッチで解消できてるうちは,まだマシな方なんです。

当店にはストレッチが効果がなくなって,痛くてどうしようもなくて来店される方もいますが,その状態だとかなり悪化してる事が多く,どうしても施術の回数が多くなり,時間もかけないと改善は難しくなります。

やはり,早めに専門の機関に相談した方が良いってことですね?

そうですね。

結果的に少ない施術回数で早期に改善するのでその方がオススメです。

身体が本当に良い状態ならストレッチは必要ありません。

健康器具を駆使してまで毎日風呂上がりに30分間欠かさずストレッチしないと良い状態を維持できないのは,決して良好な状態ではないのです。

例えばデスクワークなら,一日中座りっぱなしでは,さすがに仕事終わりには肩や腰に疲労感を感じますが,

身体が本当に良い状態なら,仕事終わりに軽いストレッチや身体を動かすくらいの事をすれば,翌日にはまた元気な状態に戻っているはずなんです。

これが,本来の健康な状態なんですよ。

確かに言われてみればそうですね。

ストレッチの必要のない,本当の健康な状態になるよう一緒に頑張りましょう!

はい!

よろしくお願いします!

さいごに・・・

まとめです。

ストレッチは一時的な緩和

コリや痛みが楽になっても根本的に改善したのではなく,一時的に楽になってるだけだと思っていてください。

ストレッチの効果が薄くなって来た時は悪化してると思いましょう。

ストレッチの効果が薄くなり,いつの間にかストレッチの時間が長くなったり,ストレッチの種類が増えてる時は悪化してる可能性が高いので早めに専門機関に相談しましょう。

本当に良い状態なら軽いストレッチで十分なはずです。

本当に身体が良い状態なら,ストレッチは全く必要ないか,軽いストレッチで翌日にはまた元気な状態に戻っているはずです。