なぜ「首・背骨・骨盤」が,ゆがむと身体が不調になるのか?

結論から言うと「自己治癒力」が低下するからです。

では,なぜ「首・背骨・骨盤」が,ゆがむと自己治癒力が低下するのかその理由について述べたいと思います。

「首・背骨・骨盤」がゆがむと身体に3つの悪影響が出ます。

1.意志とは関係な筋肉が常に緊張した状態になります。

身体がゆがむとそれ以上身体がゆがまないように,身体中の筋肉が緊張してゆがみから守ろうとします。

これがやがて「コリ」となり,そのままにしておくと「痛み」や「しびれ」の原因となります。

また,筋肉が意思とは関係なく常に緊張状態にあるため,身体が疲れやすい状態になったり,寝ても疲れが中々取れなかったり,さらには自律神経の働きの低下などを引き起こします。

つまり,本来必要のないエネルギーを常時消費しており,それが自己治癒力の低下を招いているのです。

2.「血液・リンパ液・脳脊髄液」という三大体液の循環が悪くなります。

身体がゆがみ,筋肉が緊張することにより,「血液」,「リンパ液」の循環が悪くなり,身体に十分な酸素が送られなくなったり,老廃物が除去できなくなり身体の抵抗力が低下します。

また,「首・背骨・骨盤」の状態が良くないと,脳や背骨の中を循環し,脳や神経に栄養を送ったり,老廃物を除去している「脳脊髄液」の循環が悪くなり,脳から身体への神経伝達機能が低下します。

神経の伝達機能が機能が低下するということは,身体を治そうとする伝達機能が低下することであり,そのために自己治癒力が低下するのです。

3.「脳幹」の機能が低下します。

「首」のゆがみ,特に「上部頚椎」と呼ばれる,「後頭骨」,「第一頚椎」,「第二頚椎」にゆがみがあると,その中をぶら下がるように通っている脳の一部の「脳幹」が圧迫を受け,機能低下を引き起こします。

脳幹とは?

生命脳と呼ばれるところで,主な働きは,

・呼吸の調整(体内酸素量の調整)

・血流・血圧・血液量・心拍数の調整

・睡眠欲・食欲・性欲などの調整

・体温の調整

・自律神経の調整

・免疫調整

・毒素の排出の調整

・身体維持機能調整

・五感(視・聴・臭・触・味)の調整

・怒り・恐れ・不安感等のストレス調整

など,つかさどっており,脳の中でも最も重要な部分であり,人が生きていくための根源部位です。

「首・背骨・骨盤」を調整することにより,これらの問題が解決し,自己治癒力が上がるのです。

コリや痛みやしびれを解消しようとしても,自己治癒力が低下していては,例え一時的には不調が良くなっても再び再発してきます。

また,不調を解消することばかりしていると,ひどい場合は他の部位まで痛くなったり,しびれてきたりする場合もありますし,例えコリや痛みが改善しても風邪をひいたり,ウィルス感染していたのでは本来の健康とは程遠い状態だと思うのです。

当店では自己治癒力を上げることにより,皆様のコリや痛み,しびれはもちろん,病気にならない健康な身体になってもらうことを目指しております。

「首・背骨・骨盤」 を正しく整えて,本来の健康な状態を目指しましょう。