営業のお電話には一切応対しません。

コリや痛みには 鍼灸?整体?

あん摩マッサージ指圧・鍼・灸とは?

国家資格であり,医師が行う通常治療以外の治療です。

この辺りの定義はちょっとややこしいので,多少語弊もあるかもしれませんが,わかりやすく簡潔に説明すると,日本では医師が行う通常治療とは別の治療と呼べるのは

あん摩マッサージ指圧

この3つです。

これらは国家資格であり,多様な疾病への治療や健康増進を目的としています。

これ以外にも国家資格で「柔道整復」というのが,あるんですけど,これは基本的には骨折・脱臼・捻挫などいわゆる外傷に対する治療であり,慢性的疾患の肩こりや腰痛に対して行う治療ではありません。

柔道整復師や接骨院・整骨院ってそもそも何をする施設か知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

整骨院・接骨院と整体院の違いとは?

ただ,最近は鍼灸治療のみを行う「鍼灸院」は,あまり見かけないですし,あん摩マッサージ院はもっと見かけないですね。

しかし,接骨院・整骨院でも鍼灸師を雇ったり,自ら鍼灸師の資格を取得したりして鍼灸治療を行っているところも増えていて,〇〇鍼灸整骨院というのは結構見かけます。

整体とは?

国家資格ではなく民間療法になります。

整体は「あん摩マツサージ指圧・鍼・灸」と違い,国家資格ではなく民間療法になります。

一般的にはテレビ等の影響で

整体 = 骨をポキポキ鳴らす(カイロプラクティック)

というイメージが広く浸透しています。

確かに少し前まで整体院で行われてる療法は骨をポキポキ鳴らす施術が多かったです。

しかし,今は「骨をポキポキ鳴らす施術」以外にも,整体院や整体師により多種多様な施術法が存在しています。

民間療法の場合,国で治療法が定められている鍼,灸,指圧マッサージと違って,定められた基準がなく,ある意味やり方は自由なので色んな療法が存在します。

少し前にテレビ等で話題になった「筋膜リリース」という療法もその一つです。

それと最近店舗が増えてきたストレッチ専門店で行う「ストレッチ」もそうですね。

他にも

カッピング療法,リンパケア,気功など数え切れないほど様々な療法が存在します。

鍼灸と整体それぞれのメリット・デメリット

では次に,どっちが効果が有るか無いかということは,一旦置いといて鍼灸と整体それぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。

鍼灸のメリット

国家資格であり歴史の長い治療法

前述したように医師が行う通常治療とは別の治療と呼べるものは日本では

・あん摩マッサージ指圧

・鍼

・灸

この3つだけであり,それぞれ国から定められた養成施設で単位を取得し,国家試験に合格して資格を取得しないと業務として行えない治療です。

このように全国で統一した資格取得の基準があり,それを合格しているため一般的には安心安全と言えます。

医師の同意書があれば保険治療も行える。

事前に意思の同意書が必須となりますが,健康保険を使った治療も可能で安価な費用で治療を受けることも出来ます。

そのため鍼灸院によっては,院から近くの病院と提携してたり,また鍼灸師を雇っている病院もあったりしますので,比較的簡単に保険治療が行える場合が多いです。

鍼灸のデメリット

怖いイメージがある。

多くの方が怖いというイメージを持ってるみたいです。

確かにいくら細くても,金属の棒を数センチも身体に刺されると想像したら怖くて出来ないという方もいますね。

基本的には安全なんですけど,でも実際には100%安全とは言い切れない面もあります。

僕の知人で鍼治療を受けたのですが,その際に細菌が混入したらしく,数時間したら鍼を刺した箇所が炎症を起こし,赤く腫れた事がありました。

また,鍼を刺した後,鍼の上にお灸をする治療もありますが,何らかの拍子に火の点いたお灸が鍼から皮膚の上に落ちてしまい,火傷をしたという事例もあります。

※画像はイメージです。

また,これはごく稀なケースだと思いますが,数年前のことですが,ある患者さんが鍼治療を受けた際に鍼灸師の刺した鍼が肺に刺さってしまい,肺気胸になりそれが原因で亡くなるという事例もありました。

上記の事例は,滅多に起こることではないと思いますが,こうした事例があると怖いというイメージがこびりついてしまいますね・・・。

鍼も灸も地肌に直接行わなければならない。

主観になりますが,鍼灸治療の最大のデメリットはこれだと思います。

首や肩への鍼灸治療なら特に問題ないと思いますが,坐骨神経痛の治療の時などは臀部や股関節に行うために下着をずらさないと治療が出来ません。

女性鍼灸師ならともかく,若い女性が男性鍼灸師の治療を受けるのは抵抗がある場合が多く,それが理由で鍼灸治療を避けたという話もよく聞きます。

※画像はイメージです。

整体のメリット

様々な療法が存在するため,自分に合った療法を見つけることができる。

これはメリットでもありますが,デメリットでもあるんですけどね・・・。(汗)

基本的に治療としてやることは,ほぼ同じの鍼灸と違って,整体の療法は多種多様に存在します。

ポキポキ骨を鳴らす整体や強いマッサージ主体の整体,ストレッチを主体とした整体や,エネルギー療法や気功を行う整体など自分の好みや身体に合った整体を選べるのがメリットと言えます。

整体のデメリット

基準が無いため技術や知識の差の幅が広い

整体は民間療法であり,鍼灸のように国家資格ではないので全国で統一した資格基準が存在しません。

そのため整体院ならびに整体師によって技術や知識の差がバラバラで医師並の知識を持つ整体師もいれば,基本的な医学知識すら知らない素人かと思うような整体師も存在します。

整体師になるには鍼灸のように国家資格を取得するような難しいことはなく,誰でもなることができるため参入者も多く,それが技術や知識の格差を生んでいます。

少ないけど危険な施術を行う整体院も存在する。

前述したように技術や知識の差もバラバラで,また施術で行う療法も多種多様であるため,中には危険な施術を行ってる整体院も存在します。

首の骨をポキポキ鳴らす施術もその一つですが,首の骨をポキポキ鳴らす施術は,

国から正式に危険な施術として認定されていますが,未だに行ってる整体院はあります。

さいごに・・・

鍼灸と整体とどっちが効果が高い?

鍼灸と整体のどちらへ行くかは,前述したそれぞれのメリットとデメリットを参考にしていただくと幸いですが,

一番肝心の

どっちが効果が高いか?

このことについて知りたい方も多いと思います。

結論から言うと

個人的には,何とも言えない・・・というのが正直なところです。

というのも,結局,鍼灸にしろ,整体にしろ,

施術者次第なんです。

良い施術者に巡り会えれば,鍼灸だろうと整体だろうとどんな療法であっても効果が高いです。

というか,良い施術者はその時に施術者自身が一番効果の高いと思う施術を提供してくれます。

この記事を読まれた皆様が良い施術者と出会えることを心からお祈りいたします。