営業のお電話には一切応対しません。

整骨院・接骨院と整体院の違いとは?

整骨院・接骨院と整体院の違いってわかりますか?

一般の方で,整骨院と整体院の違いを正確に答えれる方は少ないのではないでしょうか?

僕もこの世界に足を踏み入れたときは,同じように整骨院や整体院の区別もつかない状態でしたが,この世界に足を踏み入れた頃,治療家になるには何か資格があった方がいいだろうと思い,どんな資格を取得したらいいのかわからなかったので,あれこれ調べました。

そして調べてるうちに,色んな事がわかってきて,結局,治療家としてはこれといった国家資格は取得しませんでしたが,調べた際にわかった,整骨院と整体院はどんな違いがあるのかお話したいと思います。

整骨院てどんなとこ?何をするところ?

様々な看板を掲げていますが,実は皆同じ施設

街でこんな看板をよく見かけますよね?

  • 整骨院
  • 接骨院
  • ほねつぎ
  • 柔道整復院

実はこれ,全部名称が違うだけで同じ施設です。

この名称についても本来は色々と問題があるのですが・・・。(;´∀`)

とにかく,整骨院も整体院もグレーな面が多くて,それらを全部書くとメチャメチャ長くなるので,わかりやすく要点だけをまとめて書いていきます。(;´∀`)

メモ

ちなみに「鍼灸整骨院」という看板もよく見かけますが,これは院内に柔道整復師と鍼灸師が在籍しており,鍼灸と柔道整復の両方の治療が受診できる施設です。

今は接骨院と名乗ってるところもあまり見かけませんし,ましてや,ほねつぎや柔道整復院なんてほとんど見る機会がないので,以下は整骨院という名称で話を進めます。

上記の施設は国家資格である柔道整復師の資格を持つ人だけが,これらの名称で開業することが出来ます。

一般の方には聞き慣れない柔道整復師ですが,柔道整復師というのは何をする人かと言うと,元々は柔道で打撲,捻挫,挫傷,脱臼,骨折などをした時に手当をする人で,その資格です。

柔道道場に併設して「ほねつぎ」とかありますよね? 昔はよく見かけましたが,今はあまり見かけないですけど。

それらの施設で,柔道整復師の方が打撲,捻挫,挫傷,脱臼,骨折などの治療をしていました。

整骨院による健康保険料の不正請求問題

整骨院では健康保険が使えるという事をご存じの方も多いと思いますが,この整骨院で健康保険が使えるのは

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れなど)

に限定されています。

え!?

以前に「肩こり」で整骨院に行ったら健康保険が使えましたけど・・・?

実はこれが,

整骨院の不正請求問題です。

肩こりや腰痛で来院された患者様の症状を保険適用になる捻挫や打撲などにすり替えて保険会社に申告して保険料を受け取るということが多くの整骨院で行われていたんです。

この問題は,たびたびニュースになったり,国会でも取り上げられたりしてました。

最近では,保険会社の審査がかなり厳しくなり,不正請求問題はかなり減ったみたいですが,整骨院の保険に関しては,話すと長くなるので気になる方はご自分で調べてみてください。

話を戻すと要するに,整骨院,つまり柔道整復師は国家資格ではありますが,骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷を治療するための資格であり,肩こりや腰痛などの慢性痛を改善するための知識や技術は学んでいません。

整体院てどんなとこ?何をするところ?

整体院はカイロプラクティック施術を行う施設から始まりましたが・・・。

これに対して整体師ですが,元々整体はアメリカで医療として認定されているカイロプラクティックを日本で行ったものが始まりで,現在でも

整体=カイロプラクティック

というイメージが根強く残っています。

カイロプラクティックとは?

主に脊椎やその他の身体部位を調整することにより,ゆがみの矯正,痛みの軽減,機能改善,身体の自然治癒力を高めることを目的とした技法

カイロプラクティックは,いくつもの技法があり,ポキポキ骨を鳴らす技法もその一つ。

このカイロプラクティックですが,アメリカではカイロプラクティックは医療(国家資格)として認められているため,カイロプラクティックドクターが存在しますが,日本では国家資格として認められていないため,カイロプラクティックドクターは存在せず,また整体師という国家資格も存在しないため,整体及びカイロプラクティックは日本では民間療法とか代替医療となります。

また整体は国家資格のようにこれといった基準が定められていないので,今ではカイロプラクティック以外にも様々な手技が存在します。

ただカイロプラクティックもその他の手技も健康を目的とした手技ですので,整体院は民間療法を用いて健康を目的とした施術を行う施設と言えます。

民間療法なので当然健康保険は使えず,全て実費になります。

整体院は健康を目的とした施術を行う施設ですが実情は・・・。

「整体院は健康を目的とした施術を行う施設」

と書きましたが,でも,これでは抽象的な表現すぎてピンとこない方も多いと思います。

というのも,実はこれは建前上こう表現するしかないのです。

日本という国は,こうした曖昧な事が非常に多くて,例えば

パチンコは遊戯施設となってますし,ソープランドも公衆浴場となっているように,

整体院も実質は

「民間療法で治療を行う施設」

と世間一般に浸透しているのが現状です。

しかし,整骨院の現状とは?

この様な違いがあって10年くらい前までは,

  • 整骨院は保険で安く治療してくれる施設
  • 整体院は値段が高いけど病院や鍼灸とは違う治療をしてくれる施設

というイメージがあり,棲み分けが出来ていました。

ところがその後,前述した健康保険の架空請求問題により,多くの整骨院は保険治療をやめたり減らしたりして,実費による治療を導入していくことになります。

実費の治療って保険の治療と違うんですか?

保険治療については,ここでは答えにくいので控えますが,実費治療とは全然内容が違います。

この実費による治療は,具体的には概ね整体院と同じ施術を行ってることがほとんどです。

メモ 1

鍼灸整骨院の場合,鍼灸治療も実費で行われています。

メモ 2

実費治療しか行わないと決めた整骨院の先生の中には,〇〇整骨院という名前を捨て,〇〇整体院と名称を変えるて営業される方もいて,年々増加傾向にあります。

参考

何十年も前ならともかく,街のいたる所に整形外科がある現状では,レントゲン撮影の出来ない整骨院で骨折や打撲を受診される方は,かなり少なくなっています。

そのため,一部では柔道整復師という資格そのものを疑問視する声もあり,中には柔道整復師という資格が将来的には無くなるという声もあります。

それを裏付けるかのように,毎年多くの柔道整復師の養成学校が閉校しています。

整骨院と整体院とどっちに行けばいい?

では,同じ施術を受けるならどちらで受けた方がいいでしょうか?

前述したように整骨院を経営する柔道整復師は国家資格なので,国家資格保持者が施術する整骨院の方が良いように思えますが,実際はそうとも言えないんです。

国家資格ではないものの整体院の先生でも医師レベルの高い知識と技術をお持ちの先生もいらっしゃいますし,それとは逆に,僕がセミナー等で知り合った柔道整復師の方の中にはびっくりするくらいレベルの低い先生もいましたし,国家資格の有無でいい先生かどうかを判断できるかと言うと何とも言えないのです。

例えば,車の運転免許証を持ってるからといっても,ペーパードライバーのように必ずしも全ての方が運転が上手で安全運転するとは限らないですよね?

飲酒運転,あおり運転などは,あれだけ罰則が厳しくなったのに未だに違反する人が絶えず,頻繁にニュースで報道されます。

あまり偉そうなこと言える立場ではありませんが,結局は

国家資格が有ろうが無かろうが,施術者の人間性に依る所が大きいんです。

施術者の人間性が良ければ,個人的には整骨院でも整体院でもどちらでも良いと思います。

では,その人間性をどう見極めたらいいのでしょう?

これは残念ながら行ってみないとわかりません。

行って,そこの施術者と話をしたり,施術の方針を聞いたり,あと出来れば疑問に思うことは何でも質問してみて下さい。

その応答の仕方でも色々とわかることが多いですから。

さいごに・・・

まとめです。

  • 整骨院接骨院ほねつぎ柔道整復院は全て同じ施設
  • 整骨院は国家資格を保有し,打撲,捻挫,挫傷,脱臼,骨折などの外傷を手当する施設で,健康保険もそれ以外の疾患である肩こりや腰痛などでは使えません。
  • 整体院は国家資格ではないが,カイロプラクティックやその他の手技による民間療法で身体の不調を改善する治療を行う。
  • 最近の整骨院は保険治療を撤廃し,整体院で行われている手技を取り入れて実費での治療を行う所が増えている。(実費治療の整骨院は整体院と施術内容はほぼ同じ)
  • 国家資格の有無より整骨院でも整体院でも施術者の人間性を見極めることが重要