当店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店です

本当は怖いアルコール依存症

アルコール依存症

アルコールは合法ハードドラッグ並?

アルコール依存症・・・以前はアル中(アルコール中毒症)って言ってましたけど,最近はこの言い方の方が浸透してるみたいですね。

アル中って聞くと酒が切れると手が震えてくるので酒を飲むとその震えが止まる・・・というくらいのイメージしか浮かばない方もいるとは思います。

でも,実はアルコールは,注意しないと合法ハードドラッグと言ってもいいほどであり,一説には覚せい剤や麻薬やヘロイン,コカインよりもアルコールの方が有害であるというデータもあるくらいなのです。

段階的に進んでいくアルコール依存症

依存症と呼ばれるものはすぐになるものではなく段階的に進行していきます。

アルコール依存症も例外ではなく,注意しないと下記のように進行していきます。

機会飲酒

最初はたまに嗜む程度だったり,付き合いで飲みに行ったりする程度。

習慣飲酒

やがて毎日少しずつ飲むようになり,身体にアルコールの耐性がつき飲酒が習慣的になる。

強迫飲酒

飲まないと落ち着かない,飲まなければならないという気分になり,飲酒の時間や場所のTPOをわきまえなくなる。

この頃になると飲まないと手が震えたり,変な汗をかいたりするようになります。

連続飲酒

起きている間はずっと飲酒をしないといられなくなる。

幻覚や幻聴が起きたりもします。

アルコール依存症になるとどんな症状になるのかもっと詳しく知りたい方はyoutubeなどにたくさんアップされてるのでそれを見てもらうとわかると思いますが,アルコール依存症はその症状以外にも,覚せい剤や麻薬やヘロイン,コカインよりも恐ろしい理由があるのです。

アルコール依存症の怖さとは?

根本的な治療法が断酒しかない。

一度アルコール依存症になってしまうと治療は難しく,根本的な治療法といえるものは現在のところ断酒しかありません。

しかもこの断酒は本人の意志だけでは解決することが難しく,周囲の理解や協力が求められ,重度の場合は入院治療が必要な場合もあるのです。

これだけでも恐ろしいのですが,これだけ努力しても完治することはない不治の疾患であり,
断酒をして何十年と長期間経過した後でも,たった一口酒を飲んだだけでまた以前の状態に戻ってしまうのです。

ということは,どれだけ長期間断酒してても,仕事帰りに軽く一杯飲んで・・・というような普通の人のような生活には二度と戻れないってことなの?

残念ながらそういうことになりますね・・・。
少しでも酒を飲んだら以前のように昼夜問わず酒を飲み続ける生活に逆戻りです。

酒はどこでも買えて入手が簡単。

覚せい剤や麻薬やヘロイン,コカインは入手がそれなりに困難だったりします。

そのため,入手経路を(ある程度は)断つ事が出来るのですが,酒はそういうわけにはいきません。

スーパー,コンビニ,自動販売機と街を歩けば誰でも簡単に購入することが出来ます。

断酒を本人の意志だけでは解決することが難しくしてる最大の理由がこれなのです。

男性よりも女性がアルコール依存症になりやすい。

一般的に男性より女性の方が体格が小さかったり,女性ホルモンがアルコール代謝を阻害する要因となったりすることなどにより,女性の方がアルコール依存症になりやすいと言われています。

しかも,短期の飲酒歴であったり,飲酒の量が比較的少量でも急速にアルコール依存症となってしまう危険がるので注意が必要です。

さいごに・・・

まとめ

アルコール依存症は・・・

  • 誰もが陥りやすいのに,治療が難しく時間もかかる。
  • 一旦治っても酒は入手しやすかったり,飲み会など飲酒の機会も多いために80%が再発する。
  • 女性の方がアルコール依存症になりやすい。

アルコール依存症で病院を受診する患者さんで,自分がアルコール依存症だと気付いてる人は少ないそうです。

それだけ自覚のない恐ろしい依存症です。

酒に限らず何でもほどほどに嗜みましょう。