当店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店です

【ヘルニア・脊柱管狭窄症】坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは,腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで,お尻・太ももの裏,ふくらはぎ,足の甲・裏などにあらわれる痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合は腰痛に引き続いて発症し,最初はお尻や太ももの後ろに痛みやしびれがあらわれ,そのままにしておくと次にふくらはぎや足先などに広がり,さらにひどくなると麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経

坐骨神経痛を引き起こす原因 その1

根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛

坐骨神経の付け根が圧迫されることによって痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です

このタイプの坐骨神経痛が起こる主な原因は,年齢が若い人の場合は

腰部椎間板ヘルニア,腰椎すべり症 等の場合が多く,

高齢の方になると

腰部脊柱管狭窄症 が多くなります。

これらの事が要因で腰椎や椎間板の異常をきたし,腰部付近の坐骨神経が圧迫され臀部や足の痛みやしびれが出現します。

対応・施術

腰椎のゆがみを整えます。

このタイプの坐骨神経痛は,骨格のゆがみにより腰椎に通常の許容範囲を越えるほどのストレス(荷重)がかかってしまい,それが端を発し腰椎やその周りの筋肉のバランスが崩れてしまって,坐骨神経が骨や椎間板などの組織からの圧迫や刺激を受けて発症しています。

そのため原因である腰椎のゆがみを整える施術をメインに行い,腰椎の過度のストレスを開放します。

MEMO
腰椎の調整と言っても,決して骨をポキポキするような施術は行いません。
強い刺激もないソフトな調整ですので 高齢者の方でもご安心ください。

坐骨神経痛を引き起こす原因 その2

梨状筋性坐骨神経痛(りじょうきん)

お尻の筋肉の一部である梨状筋が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です。

梨状筋症候群と言ったりもします。

梨状筋とは?

お尻の奥の方にある筋肉で,この筋肉のすぐ近くを坐骨神経が通っています。

この梨状筋が硬くなる事により,坐骨神経を圧迫し,お尻や足に痛みやしびれが起きます。

日常よくみかける病気ですが,診断,治療している病院は少ないです。

対応・施術

梨状筋の緊張をゆるめます。

上の方でも少し書きましたが,このタイプの坐骨神経痛は,お尻の筋肉の一部である梨状筋が緊張して硬くなってしまって,坐骨神経を圧迫していることが原因ですので,

梨状筋に対して手技や場合によっては機器を使い,梨状筋の緊張をゆるめます。

MEMO
この画像はイメージであり実際はこんな肘を使った強めの緩め方はしません。

坐骨神経痛を引き起こす原因 その3

症候性坐骨神経痛

神経圧迫の兆候が見られず,原因不明の痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です。

原因が特定されないために現代医学では治療が困難とされています。

注意
痛みやしびれがの原因が「ガン」などの場合もありますので,お尻や足に痛みやしびれがある時はまずは病院で受診してもらい,外科的な処置が必要かどうかを判断してもらうことが必要です。

必要ないと診断された場合は当店にご相談ください。

対応・施術

自己治癒力を活性化する施術を行います。

原因不明であるため,当店でも最も難しい施術となります。

しかし,原因不明の身体の不調の場合は,坐骨神経痛に限らず,

「首・背骨・骨盤」を調整

することにより,

その方の持つ,自己治癒力,自己免疫力が活性化し,改善することが大いに期待できます。

さいごに・・・

こうした,坐骨神経痛の原因に対しての施術は,当店ではあくまでも

対処療法にすぎない

と,考えます。

ただ,どんな場合もそうですが痛みがあるというのはとてもつらいものです。

まずはその痛みの原因を突き止め,痛みを解消することが先決です。

しかし,坐骨神経痛の原因を突き止め解消しても,その原因を作った原因を解決しないと何度でも同じ事を繰り返してしまいます。

原因の原因・・・それは自己治癒力の低下です。

痛みが解消されてもそれは根本から改善したとは言えません。

https://reef.jp/wp-content/uploads/2019/06/bbb-1.jpg

再び同じ状態にならないように,当店では自己治癒力を活性化することをゴールと考えております。

これこそが当店の施術の最大の強みであり,他院との違いです。