坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは,腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで,お尻・太ももの裏,ふくらはぎ,足の甲・裏などにあらわれる痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合は腰痛に引き続いて発症し,最初はお尻や太ももの後ろに痛みやしびれがあらわれ,そのままにしておくと次にふくらはぎや足先などに広がり,さらにひどくなると麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

原因

年齢が若い人の場合は

腰部椎間板ヘルニア,腰椎すべり症

等の場合が多く,

高齢の方になると

腰部脊柱管狭窄症

が,多くなります。

それ以外にも

梨状筋症候群 ・首の骨のゆがみ

など,原因は様々です。

注意
また,痛みやしびれがの原因が「ガン」などの場合もありますので,お尻や足に痛みやしびれがある時はまずは病院で受診してもらい,外科的な処置が必要かどうかを判断してもらうことが必要です。

必要ないと診断された場合は当店にご相談ください。

坐骨神経痛の種類

根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛
坐骨神経の付け根が圧迫されることによって痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です。

腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が原因の場合が多いです。

梨状筋性坐骨神経痛
お尻の筋肉の一部である梨状筋が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です。

梨状筋症候群と言ったりもします。

症候性坐骨神経痛
神経圧迫の兆候が見られず,原因不明の痛みやしびれが起きるタイプの神経痛です。
原因が特定されないために現代医学では治療が困難とされています。

医療機関での治療法

薬物療法

よほどの重篤な症状でない限り病院で診療を受けると,まず

ロキソニン,ボルタレン

などの非ステロイド系の痛み止めの薬が処方されて,

様子観察となることが多いです。

その他にも病院によっては

筋肉の緊張を解く目的で筋緊張弛緩剤や

血流を改善して痛みを出している物質を流す目的で血管拡張薬

なども処方されることもあります。

神経ブロック療法

痛みが出ている付近の神経付近に局所麻酔薬を注射することにより,

痛みの信号が脳に伝わろうとする神経の動きを遮断(ブロック)し,

痛みを消す治療法です。

坐骨神経痛の場合は背骨の中を通っている神経の束を包んでいる

硬膜の外側に打つ,硬膜外ブロック注射をします。

主に麻酔科やペインクリニックなどで行われています。

外科的療法

いわゆる手術による治療です。

しかし,病院へ初めて行ったら,いきなり手術ということはなく,

上記の治療であまり効果がない場合などに検討されます。

薬物療法や神経ブロック療法のデメリット
痛み止め薬のデメリット
まず,痛み止め薬は文字通り痛みを一時的に止めているだけで,

痛くなくなったからといっても決して治っているわけではありません。

しかも,徐々に効果が薄れるために,

より強い薬へと変えていくことになるのですが,

効き目が強い薬ほど副作用や胃などの内臓に対する悪影響が大きくなります。

それほどのリスクがあるのに長期間服用し続けると

再び効果が薄くなってくると言われております。

つまり,痛み止め薬を飲むと痛みが治まるからといって,

痛み止めを飲み続けていると気づかないうちに

段々と身体の状態は痛み止め薬では抑えきれないくらいに悪化し,

別の治療法を試みることになるのです。

神経ブロック療法のデメリット
少々,乱暴な書き方になりますが,

痛みを感じてるのは神経なので

痛みを感じてる神経付近に直接麻酔注射を打って

神経を麻痺させましょうという考えの治療法ですので,

腰から神経の近くに直接,注射針を刺すわけですから,

通常の注射より痛みが強く,またシビアな場所への注射液の注入に

なるため,お医者様の技量が問われる治療法です。

まずは,坐骨神経痛を改善する施術を行います。
検査により原因を特定
当店では坐骨神経痛の原因が腰椎性なのか,

梨状筋性なのか,

はたまた症候性なのか

を各種検査によって確定し,それぞれの原因に対して適切な処置を行います。

坐骨神経痛の原因に合わせた施術
1.根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛のケースの場合
腰の骨に通常の許容範囲を越えるほどのストレス(荷重)が,

かかってしまい,それが端を発し骨格や筋肉のバランスがくずれてしまって,

坐骨神経が骨や筋肉などの組織からの圧迫や刺激を受けて発症してるので

根本的に解決するには腰の骨へのストレスを開放することが重要です。

そのためには骨盤を正しい状態へ調整し,

そうすることで腰の骨のストレスが大きく減少し,

痛みやしびれが徐々に軽減していくことが期待できます。

2.梨状筋性坐骨神経痛のケースの場合
お尻の筋肉の一部である梨状筋が原因なので

梨状筋に対して手技や場合によっては機器を使い,坐骨神経の圧迫を開放します。

3.症候性坐骨神経痛
原因不明であるため,当店では最も難しい施術となります。

しかし,原因不明の身体の不調の場合は,坐骨神経痛に限らず,

その方の持つ,自己治癒力,自己免疫力を活性化させることにより

改善することが大いに期待できます。

再発防止の施術
ここまでは,坐骨神経痛という症状を改善する施術でしたが,

このままだと,坐骨神経痛を引き起こしてる直接的な原因を

解消しただけであるため,しばらくすると再発してしまいます。

坐骨神経痛を引き起こした,大元の原因は身体のゆがみと生活習慣です。

身体の幹である 首・背骨・骨盤を正しく調整し,

更には上部頸椎を調整し「脳幹」を活性化させ,

自然治癒力・免疫力を上げる脳幹整体を行います。

姿勢指導
身体のゆがみを生み出している原因の一つに,

生活習慣があります。

しばらくの間,日常的に注意して欲しい事や

ご自宅で行う,ちょっとしたストレッチなどを

併用していただくことで更に再発防止に

繋がります。

当店での施術の前に病院で必ず診て貰う必要がある方
注意
しかし,下記に挙げる
・痛みの強さが変化することなく一日中同じである。

・昼も夜関係なく一日中痛くて回避姿勢(痛みが和らぐ姿勢)がない。

・症状がある側のふくらはぎが反対側と比べて明らかに痩せている。

・ふくらはぎを押すと腰の方まで痛みがある。

・意志とは関係なく尿や便が出る。

これらに当てはまる方は,かなり進行しているため基本的には病院での治療をおすすめしています。