年末年始の営業について

妊娠中に腰痛や肩こりになる理由とは?

妊婦さんはホルモンの影響で身体に不調が出やすいのです。

妊婦さんの骨盤の状態とは?

妊娠中は体重や体型の変化に加え,「リラキシン」というホルモンの影響により骨盤の骨と骨をつなぐ「じん帯」がゆるみやすくなります。

骨盤のじん帯がゆるむことによりやがて体重を支える仙腸関節という関節にゆがみが生じてきます。

これがいわゆる「骨盤がゆがんでいる」状態になります。

これは妊婦さんに限らず,普通の方でも多くの方がこの状態になることが多く,そのまま何もしないでおくとやがて様々なお身体の不調を訴えることになるのですが,妊婦さんの場合は前述したように体重や体型の急激な変化やホルモンの関係で特に骨盤のゆがみが起こりやすくなっているのです。

妊婦さんの肩こりと骨盤の関係

お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると,体重も増え普段の姿勢も変わってくるので当然大きく負荷のかかる腰や股関節,お尻などに痛みが出て来ることが多くあります。

しかし,これらの不調が軽い状態の方もいれば,強く出る方もいて,特に左右のどちらか片方に強く痛みなどの不調を感じる方は「骨盤のゆがみ」の影響が大きいと考えられます。

さらには首・肩のコリや痛み,背中の痛みまであらわれる方がいらっしゃいますが,実はこれも「骨盤のゆがみ」が原因の場合が多いんです。

なぜ「骨盤のゆがみ」が,肩や首,背中などにも悪い影響を与えてしまうのでしょうか?

骨盤は体重をしっかり支える構造になっていますが,その骨盤の体重支持部である仙腸関節が不安定になると上半身にフラつきが出てくるんです。

当店でも初回の方は必ず最初に姿勢分析をしますが,骨盤が不安定になってる方はユラユラと左右に揺れていることが少なくありません。

ユラユラ揺れていると脳はこの揺れを止めようとして身体の筋肉を緊張(固めて)させます。

これが,肩や首,背中のコリや痛みの原因となるのです。

今まで肩こりなど無かった方が妊娠すると急に肩がこるようになるのはこのためなんです。

妊娠中に肩こりになってしまったら?

前述したように身体を揺れから守るために,体中の筋肉が緊張して固めてコリをつくっています。

これをやみくもに揉んだりしてゆるめようとすると,脳は直ちに身体のふらつきから守るために再び筋肉を固めようとするので,これがやがてコリを戻すことになり,しばらくするとまた元の状態に戻ってしまいます。

こんなことを何度も繰り返すと脳は揉んだくらいでは簡単には緩まないようにと,より固く強く筋肉を緊張させるようになるため,結果的に肩こりを悪化させることになるのです。

さいごに・・・

肩こりに限らず,コリや痛みは必ずそうなった原因があります。

妊娠中だから仕方がない,その場しのぎでいいから揉んで楽になりたい・・・そう思ってる方,諦めてはいけません。

妊婦さんの肩こりも揉んだりすることよりも,まずは骨盤をしっかりと調整して安定させましょう。

そうすることにより,肩こりだけでなく骨盤のゆがみが原因ならば腰や股関節,お尻などに痛みもスッキリと解消されることが期待できるのです。