年末年始の営業について

【アトピー】アトピー改善のためにするべきこと ~脱ステロイド~

アトピー改善のためには,自己免疫力と内蔵機能を回復させる事が重要であると別の項で書きましたが,それだけでなく患者様がご自身で行うことや気をつけなければならないこともいくつかあります。

これらと当店の施術を組み合わせることにより,より短期間でのアトピー改善に期待ができます。

ステロイドの強力な抗炎症作用や免疫抑制作用

ステロイドのこれらの強力な作用により治ったと思い込んでしまうのです。

人の身体は副腎皮質から糖質コルチコイドというホルモンを放出しますが,このホルモンには「抗炎症作用」や「免疫抑制作用」があり,これを人工的にしかも強力にしたものがステロイド薬になります。

ステロイド外用薬は強力なだけでなく皮膚から吸収しやすい構造になってるため即効性が高くすぐに効果が現れるため治ったと勘違いしてしまうのです。

しかし,これは症状が一時的に治まってるだけであり,根本的には何も解決していないのです。

むしろ,ステロイドなどの薬を使い続けることは,様々なリスクがあり,またアトピー改善の妨げとなるため脱ステロイドの必要があるのです。

脱ステロイドをしなければならないその理由とは?

ステロイドは排毒作用を抑制してしまいます。

アトピーは,皮膚の病気ではなく自己免疫力と内蔵機能が低下することにより,体内に発生した毒素をうまく体外に排出することが出来ず,体内に溜まった状態です。

しかし,現代医学は症状を抑え込もうとする治療を行います。

これは,アトピーに限ったことではありません。

例えば風邪をひいたら解熱剤,咳止め,点鼻薬などを処方され症状を抑えようとします。

しかし,風邪をひいて熱が出るのは,体温を上げて自己免疫力を上げるためであり,咳や鼻水が出るのは体内に侵入した異物やウィルスを排出するためです。

人の身体は何一つ無駄なことはしないんです。

これと同様にアトピー性皮膚炎は,体内の毒素が自己免疫力と内蔵機能の低下により,うまく体外に排出できずに皮膚を通して排出している状態ですから,見方によっては身体がしっかり毒出しを行ってるとも言えます。

これをステロイド薬などで抑え込んでしまうと体内に毒素が溜まったままの状態となってしまうのです。

ステロイドは依存性があるためやめれなくなります。

ステロイドを使用すると最初のうちは治ったかのように皮膚は綺麗になります。

しかし,これは症状を一時的に抑えているだけなので,しばらくすると再発するため再びステロイドを使用することになり,これを繰り返すうちに効果が薄くなってくるため,徐々に強い薬を使用するようになります。

MEMO
ちなみに最強のステロイドは人体に存在するステロイドホルモンの10万倍と言われています。

やがて,ステロイドの使用量を減らしたり,中止したりすると症状が悪化するため,その不安からステロイドが手放せなくなり,ステロイド依存症となります。

ステロイドによる副作用で別の不調が起こります。

ステロイドは強力な抗炎症作用や免疫抑制作用で,アトピーに対して即効性がありますが,注意しなければならないのは正常な免疫反応も抑制してしまうということです。

これにより,様々な副作用が起こります。

  • 感染症
  • 骨粗鬆症
  • 高血圧
  • むくみ
  • 精神障害
  • 白内障,緑内障
  • 筋力低下
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍
  • 副腎不全

などが代表的な副作用ですが,他にも書ききれないほどの副作用があります。

さいごに・・・

ステロイドに限らず薬は使い方次第

アトピー改善のためには脱ステロイドは必須であり,その理由を書きましたが,ステロイドに限らず薬は使い方次第です。

どんな薬も緊急用として使用するのは良いかもしれませんが,長期に渡って使用し続けることに問題が生じるのです。

また,アトピーの症状の強さやゴールは人それぞれですので,普段あまり症状が強くない人が緊急用の時だけ限定的に何年も使用していて,その現状に特に不満を感じていない方もいます。

そうではなく,現在長期的にステロイドを使用していて,その状況から抜け脱せない状況にお悩みで,また根本的にアトピーを改善することを考えているのならステロイドはやめる必要があります。

ステロイドだけでもやめたいと思っている人は多い。

当店に通ってる人も以前はステロイドを手放せなくて,副作用などに悩まされていましたが,まだアトピーは改善していなくてもステロイドをやめれたことだけでも喜んでもらっています。

https://reef.jp/wp-content/uploads/2019/06/bbb-1.jpg

アトピーの根本改善は簡単にはいきませんが,まずはステロイド無しでも生活できることを目標とし,そしてその後の根本改善を一緒に目指しましょう!