当店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店です

【アトピー】アトピー改善のためにするべきこと ~脱保湿~(脱ステよりこっちが先)

脱ステロイドはするけど・・・

脱保湿も必要不可欠なのです。

アトピーの根本改善として脱ステロイドは欠かせないのは,別の記事でも掲載していますが,意外と知られていないのが脱保湿です。

一般的にアトピーには保湿が良い,保湿は欠かせないものと認識されていて脱ステロイドを勧める医師の方も保湿は重要であると考えている方が多いようです。

そのため,アトピーの根本改善を目指す方が真っ先に行うのは副作用の影響を懸念して脱ステロイドなのですが,しかし脱ステロイドは行うけど,保湿は副作用が無いためそのまま続ける方が多いのです。

この脱ステロイドを長期に渡って実践してるのに一向に改善する傾向が見られない場合は保湿が原因の可能性があります。

この場合の保湿とは,

化粧水・美容液・保湿クリーム・ワセリン・オリーブオイル・馬油・つばき油・月見草油など

保湿効果のあるもの全てです。

これらがアトピー性皮膚炎を治りにくくしているのです。

なぜ保湿がダメなのか?

アトピーで悩む方は入浴後,しばらくそのままにしているとやがて皮膚が乾燥した状態になるため,保湿を行います。

保湿を行うと皮膚の組織に水分が潤ってくるため,肌の状態が良くなったように見えます。

これがやがて,入浴後だけでなく皮膚が乾燥した状態になると昼でも夜でもいつでも保湿をするようになります。

これが,保湿依存の状態です。

保湿剤によって保湿された肌は一見潤って良くなったように見えますが,実際には外部からの保湿により作られた人工的な保湿です。

保湿剤による保湿を続けると,本来持っている肌自身の保湿能力を抑制し,正常な肌への回復を遅らせるだけでなく,むくみを作り出し,浸出液を強くします。

アトピーには毒素の排出として湿疹が起きますが,むくみが起きると湿疹は更にひどくなり,肌は赤く腫れたりします。

しかし,そんな状態であっても保湿をすると肌は良くなったように見えるため保湿を続けますが,かゆみは治まるどころか増々強くなります。

しかも,かゆいので掻くとむくんで弱くなった肌は,すぐに傷つき浸出液を排出します。

このように湿疹が強く赤く腫れ上がって,むくんでかゆみが強くなった肌は,すでに肌に限界が来ているため,保湿をすぐに中止し,むくみを解消する必要があります。

というのも外部からの保湿により,皮膚に蓋をした状態にしているためにむくみが排出されていないのです。

肌は一見綺麗に見えるけど保湿とステロイド依存の影響で,むくんで赤く腫れています。

水分の摂りすぎもむくみの原因となります。

アトピーは毒素を排出しなければならないから水分をたくさん摂って水分とともに毒素を排出しなければならないと医療機関や治療院で指示されて水分を多く摂ってる方がいますが,これは誤りです。

水分の摂りすぎもむくみの原因となります。

アトピーの場合は,むしろ水分制限をした方が良いのです。

しかし,極端な水分制限は内臓にダメージを与えますので,のどが渇いてもがぶ飲みせず,飲みたい量より気持ち足りないくらいで止めておけば良いです。

アトピー改善には基本的に肌を乾燥状態にします。

アトピーの改善には基本的に肌を乾燥する事が重要です。

保湿を中止し,むくみが排出されると肌が乾燥し始めます。

肌が乾燥すると徐々に皮膚が強くなり,掻いても傷がつきにくくなり,またカサカサになったり,かさぶたになった肌の下では新しい肌の再生が始まります。

これまで保湿によって肌を一定の潤いで保ってた方には,かなりつらい状態になりますが,これは肌が正常な再生されていくために必要不可欠なプロセスなのです。

脱保湿を行って1ヶ月後ですが,肌はまだ綺麗ではありませんが,1ヶ月前は,むくんで赤く腫れていたのが治まり,かゆみも軽減しました。