営業のお電話には一切応対いたしません。

営業のお電話に応対しない理由とは?

時代遅れの電話での営業

Web・SNS等,この多様な情報が溢れる時代にお電話で営業してくるという時点で,応対するに値しません。

例えば我々のような整体院が,電話帳を片手に一軒一軒

「肩こりや腰痛でお悩みではないですか?」

・・・と電話をしてるようなものだと考えております。

電話は施術中の手を止める。

当店は電話応対から施術まで全て一人で行っております。

また,当店には病院や他の治療院で改善できなかった重篤な患者様に対応してることも多く,非常にシビアな施術を行ってることも多いため,電話が鳴るとその都度,施術の手を止めなければなりません。

そんな状況でかかってきたお電話に応対するはずがありません

せめてメールフォームやLINEでメッセージを送れませんか?

良心的な業者様は,当店のメールフォームやLINEからご提案をいただきます。

こうしていただくと施術の手を止めること無く空いた時間に,チェックできるの大変助かります。

結果的に当方としても無下にお断りすること無く,興味のあるような内容だと目を通したり,返信することがあります。

しかし,上記のような,お電話の営業だとどんな良いご提案でも話を聞く気にもなれません。

最後にお電話で営業される業者様へ

いい情報やご提案は双方に利益が持たられるものだと考えております。

業者様へは柔軟なご対応に期待しますのでよろしくお願いいたします。