新規の方限定★インターネット特別割引実施中!

整体で期待できる身体の不調 ~アトピー性皮膚炎~

病院でアトピー性皮膚炎は治らない

アトピー性皮膚炎は現代医学では完治させる治療法は無く,それどころか原因すらわかっていません。

そのため,病院では治療の目標として

「アトピー性皮膚炎とうまく付き合っていけるようにすること」

として,薬で症状を抑えて日常生活に支障がなく生活できるようにすることとされています。

アトピーの症状を抑える薬としては,よほど軽症でない限りステロイド外用薬が治療の基本となります。
ステロイドは抗炎症作用を持っており,湿疹のアレルギー性炎症を沈静化させ,かゆみも沈静化させます。

しかし,初めのうちは効果があっても,徐々に効果が薄くなり,より強い薬へと変えていくことになり,そして今度はその強い薬の副作用にも苦しめられることになるのです。

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気ではない

では,どうすればアトピー性皮膚炎を根本的に改善できるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気と思われがちですが,

実は

自己免疫力と内蔵機能が低下し,

体内の毒素がうまく排出されずに溜まってしまっている状態

と言われています。

「アトピー性皮膚炎は薬で症状を抑えるのではなく,体内に溜まった毒素を排出すべきである。」

と唱える医師の方が増えてきたように,

アトピー性皮膚炎の改善には

改善のための3要素

1. 体液の循環を良くする。

2. 自己免疫力・自己治癒力を活性化する。

3. なるだけ毒素を体内に入れない。

これらを行い,体内に溜まった毒素を溜めずに排出することが重要なのです。

整体でアトピー性皮膚炎が改善できる!?

当店では

1. 「血液・リンパ液・脳脊髄液」の循環を良くする。

「首・背骨・骨盤」という身体の幹を整えます。

1.筋肉の緊張が解け,血液・リンパ液の循環が良くなる。

身体にゆがみがあるとそれ以上ゆがまないように自分の意思とは関係なく筋肉を緊張させて身体を守ろうとするため,常に全身のあらゆる箇所の筋肉が固く緊張してしまうために血液やリンパ液の循環が悪くなっています。

ゆがみが整うと緊張していた筋肉は,揉んだりさすったりしなくても自然と緩むため,血液やリンパ液の循環が良くなります。

2.脳脊髄液の循環が良くなる。

脳脊髄液とは脳内で産生され,頭蓋骨の中や,背骨の中を循環し,

・脳や中枢神経を保護

・中枢神経の代謝を促進

・中枢神経の老廃物の除去

などを行っています。

アトピーの場合は中枢神経の代謝老廃物の除去が重要となります。

「首・背骨・骨盤」を正しく整えることにより,この脳脊髄液の循環が促し,神経の伝達システムを正常化し,内蔵機能を活発化させます。

2. 自己免疫力・自己治癒力を活性化する。

上部頸椎のゆがみを整え,「脳幹」を活性化します。

上部頸椎にゆがみがあると,その中を通っている脳で最も大切な部位と言われる

「脳幹」

が圧迫されます。

「脳幹」のおもな働きとは

・呼吸の調整(体内酸素量の調整)

・血流・血圧・血液量・心拍数の調整

・睡眠欲・食欲・性欲などの調整

・体温の調整

・自律神経の調整

・免疫調整

・毒素の排出の調整

・身体維持機能調整

・五感(視・聴・臭・触・味)の調整

・怒り・恐れ・不安感等のストレス調整

これらをつかさどる人体の全ての生命活動の根源部位です。

この「脳幹」をカイロプラクティック上部頚椎理論(グロスティック,ペティボン等)の考えをもとに,

「座楽法」,「寝楽法」

という二つの調整法を不調の状態や身体の状況に合わせて使い分けて

上部頸椎のゆがみの圧迫から「脳幹」を開放します。

3. なるだけ毒素を体内に入れない。

日常生活での注意することなどアドバイスします。

アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気の一種となっていますが,原因となるアレルギー物質(アレルギン)が特定されておらず,また特定が出来てそれらを取り込まないようにしても多くの悪化要因が重なっている場合が多いため,アレルゲンを避けるだけでは完治が難しいとされています。

子供に比べて大人の方がこの傾向が強いようです。

そのため当店では施術と合わせて,日常生活で注意することや食事などのアドバイスをさせていただいております。

最後に・・・アトピー整体を希望される方へ

アトピー性皮膚炎に関しては,肩こりや腰痛などと違って簡単にはよくなりません。

症状にもよりますが,6ヶ月~1年くらいの期間は必要だということをご理解ください。